血管をしなやかに

ハーバード大学が30年間、12万人の食生活を調べた研究の結果です。

ピーナッツをよく食べる人ほど、健康で長生きであり、
腎臓病や心臓病、糖尿病で死ぬ確率が2割も減ったそうです。

食べる量は毎日、1日、たった20粒です。
これくらいの量でいいなら、毎日実践できますね。

ただし、カロリーはピーナッツ20粒で150Kcal。
食べすぎないように注意しましょう。

ピーナッツ油には
オレイン酸、パルミチン酸、リノール酸、α-リノレン酸が含まれており、
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸のバランスが最適なんだそうです。

◎ オレイン酸

オレイン酸は不飽和脂肪酸の一つで、悪玉コレステロールを減少させる働きがあるそうです。
悪玉コレステロールが増加すると血管の壁などに付着し、動脈硬化のリスクが高まります。

また、オレイン酸は肌の皮脂に最も含まれる成分なんだそうです。
皮膚を柔らかくする効果があり、美肌にも期待ができます。

オレイン酸はピーナッツ油の他、ひまわり油やオリーブ油に多く含まれています

 ◎パルミチン酸

パルミチン酸は飽和脂肪酸に分類されます。
飽和脂肪酸は摂取しすぎると、中性脂肪や悪玉コレステロールの増加の原因になりますが、
全く避けるのは低栄養などの問題になります。

パルミチン酸は 血管をつくる働きがあります。
また、抗酸化作用があり、動脈硬化や生活習慣病の予防、アンチエイジングに欠かせないものです。

ピーナッツ油の他、パーム油やラード、牛脂に多く含まれます

◎ リノール酸

体内で作ることができない必須脂肪酸の一つで、血管を強くする働きがあるそうです。
悪玉コレステロールをや中性脂肪を減らし、動脈硬化のリスクを下げます。

ただし、リノール酸は取りすぎると善玉コレステロールも減らしてしまうそうで、
現代の食生活では過剰摂取傾向にあるのだとか。

リノール酸はひまわり油、コーン油などに多く含まれています

 ◎α-リノレン酸

α-リノレン酸も必須脂肪酸の一つで、血管を強くする働きがあります。
血中の中性脂肪を下げ、血栓を防止し、高血圧を予防します。

また、老化やアレルギー症状の抑制にも効果があるとされ、
ハーバード大学の研究ではうつにも効果があるということです。

α-リノレン酸を多く含むものにエゴマやくるみ、なたね油などがあります


※ピーナッツはタンパク質を多く含みます。
腎臓病の方は医師とご相談ください。ピーナッツアレルギーの方は食べないでください。


[PR]

by kimagurechieko | 2017-11-14 14:20 | 健康