ゴーヤー

・ゴーヤーのビタミンCは野菜では唯一、加熱に強くトマトの5倍
・チャランチンとコロコリン酸
植物インスリンといわれ、血糖値の正常化に働いている
 *チャランチンは脂溶性物質、インスリンとグルカゴンの分必促進
*コロコリン酸はインスリンの分必促進
・サポニン成分のモモデルシンはコレステロールの低下作用
・種子に多い共役リノレン酸は、脂肪の吸収や蓄積を抑制
カリウムは腎臓で塩分(ナトリウム)の排泄に働く
・カルシウムは体のph値調節に、さらにインスリン作用にも関与
・ビタミンCやBが、抗酸化や疲労回復、皮膚や粘膜を正常化
鉄分と葉酸は、造血に働く(貧血を予防)

ゴーヤを乾燥させましょう。


ゴーヤーを天日乾燥させたものでは、
カルシウムが生の15倍、ビタミン10倍、鉄分はなんと30倍と栄養価は高まるそうです。


[PR]

# by kimagurechieko | 2015-08-17 15:02 | “〆(^∇゚*)メモメモ♪

ゆずの効用

ゆずの「白いワタ」は
レモンの1.5倍というゆずのビタミンCをムダにすることがないうえに、
ゆずの「白いワタ」を使うことで、ビタミンCを長もちさせる効果があるのです。
白いワタには、果肉や黄色い皮と比べて「ヘスペリジン」という成分が多く含まれています。
ビタミンCが体内に吸収されると、動脈硬化やがんの原因となる活性酸素を取り除く働きをします。
でも、働いているうちに酸化してしまい、分解されてしまいます。
しかし、ヘスペリジンと一緒にビタミンCを摂取すると、ビタミンCが酸化しても、
ヘスペリジンが元に戻してくれるのです


ゆずドレッシングの作り方

材料
・ゆず・・・1コ
・ゆず果汁・・・25ミリリットル
・オリーブ油・・・100ミリリットル
・塩、こしょう・・・適量


作り方
1.ゆずは黄色い皮をむく。皮をむいたゆずは種を取って、さっくりと切る。
2.ミキサーに(1)を入れて、好みでゆず果汁を加えたら、粘りが出るまでかくはんする。
3.(2)をボウルにあけ、塩、こしょう、オリーブ油を加えてよく混ぜる。
4.最後にすりおろした黄色い皮を加える。
[PR]

# by kimagurechieko | 2015-02-01 20:17 | 健康

シイタケシュウマイ

料理本からこんなの作りました。
シイタケシューマイです。
シイタケには、内側に小麦粉をふっておきます(つなぎが良くなるように)
豚ひき肉(150g)に長ネギ(5cm)としょうがのみじん切り(ひとかけ分)を混ぜ
塩少々、酒・水各大さじ1、醤油・ごま油各小さじ1を入れて粘りが出るまで混ぜ
シイタケに抑えるように詰めて耐熱皿に並べる。
つやよくしっとり仕上がるように
水溶き片栗粉(片栗粉・水 各大さじ1)をスプーンでひとつずつかける。
ふんわりラップして、電子レンジ500Wで3分~4分加熱する。
練りガラシや酢醤油を添えます。
R0030235


[PR]

# by kimagurechieko | 2014-09-25 22:02 | 健康料理

バナナの皮の効用

捨てちゃうのはもったいない!「バナナの皮」の意外な活用法4つ


身近な健康食として、幅広い年代層に愛されているバナナ。日本の果物消費量のNo.1でもあります。バナナはダイエット、新陳代謝アップ、精神安定に役に立ったり、強い抗酸化力でアンチエイジングに役立つことも知られています。バナナを、毎日食べている人も多い事でしょう。


バナナといえば、季節を問わず通年スーパーなどで手に入れることができるフルーツの一つですよね。そんなバナナのイメージといえば、ずばり“便秘にいい”ではないでしょうか。

バナナの植物繊維には、フラクトオリゴ糖が多く含まれています。このフラクトオリゴ糖が腸内で善玉菌のエサになり、お腹の調子を整え、便秘を解消してくれるのです。

また、水分代謝を促進してくれるカリウムも多く含まれているので、むくみ防止効果も高く、身近な最強のデトックスフルーツです。

さらに驚くのが、バナナにはトリプトファンという、心を安定させるホルモンであるセロトニンの材料が含まれています。イライラしがちなときや生理中など、女性はぜひ摂りたいフルーツです。


みなさんは、バナナの皮はどうしていますか? そのままゴミとして捨てていますか? だとすると、ちょっともったいないかもしれません。台湾には「失恋した時にはバナナの皮を食べると良い」ということわざもあるほどで、バナナの皮には秘められた力があるのです。

今回は、捨ててしまうバナナの皮の意外な再利用法をご紹介します。


■1:園芸の肥料

バナナの皮は、植物の肥料として再利用できます。植物の成長に必要なカリウムや酵素をバナナの皮は豊富に含んでいます。肥料として使うと、植物の成長を促します。バナナの皮を小さめに刻んだり、ピューレにして土に混ぜてみましょう。


■2:皮製品の艶出し

バナナの皮は即席の靴磨きにも早変わり! 靴やバッグなど、革製品をバナナの皮の裏側で優しく磨きましょう。あとは、乾いた布で拭き取るだけで艶が出ますよ。これは、ドイツの家庭では有名な再利用法です。


■3:トゲ抜き

トゲが刺さった時、どう対処しますか? もちろんトゲ抜きでトゲを抜く人もいると思いますが、バナナの皮を使ってトゲを抜くこともできます。皮を患部に塗り、絆創膏を貼って10~15分放置します。皮に含まれる酵素の力で、トゲが抜けやすくなります。また、梅肉やはちみつを使ってトゲを抜く方法もありますよ。酵素には傷の治癒効果も期待できますので、一石二鳥ですね。


■4:汚染された水の浄水に

ブラジルの研究者によると、「バナナの皮には、汚染された河川の水から重金属を排泄する力がある」と発表しました。


他にも、バナナの皮には、痒み止めや痛み止めにも効果を発揮するとされています。

中には、バナナの皮も食べるという人もいるかもしれません。アフリカの原住民は、バナナの皮を焼いて食べる習慣もあるようですよね。どんなに無農薬で作られていたとしても、出荷までに防虫剤が付着していることもありますので、皮も食べたい人は、安心できる生産地のものを食べた方が良いでしょう。

(ネット記事より)


[PR]

# by kimagurechieko | 2014-05-30 09:54 | “〆(^∇゚*)メモメモ♪

ショウガの佃煮

〈材料〉
 根ショウガ 干しシイタケ ちりめんじゃこ ゴマ 塩昆布 
 砂糖(ザラメなど)醤油 みりん カツオパック
〈作り方〉
 ①根ショウガ(4袋)は薄切りにします。
 ②干しシイタケ(8個ぐらい)は戻しておいて細く切ります。
 ③①と②とちりめんじゃこを鍋に入れ、干しシイタケの戻し汁と
  水をひたひたになるまで入れます。
 ④③に砂糖(ザラメなど)を大さじ8ぐらい入れ煮立ったら弱火にして
  煮汁が少なくなるまで1時間ぐらい煮ます。
 ⑤④に醤油大さじ3とみりん大さじ5ぐらい入れ、塩昆布(ふじっこ煮)をさっと洗って入れ、
  水が殆ど無くなるまで煮ます。
 ⑥最後にゴマとカツオパックの鰹節を適当に入れて水けをしみこませて出来上がり。
  
 最後に酢を一回りさらりとかけると、さらに保存力アップ

[PR]

# by kimagurechieko | 2014-02-26 19:50 | 健康料理