<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レンコンの効用

レンコンには
ムチン、ポリフェノール、食物繊維が豊富だそう。
*ムチンは、粘膜の保護。オクラやサトイモなどにも含まれるネバネバ成分が
鼻や気管支の粘膜を保護、強化するはたらきがある。
*ポリフェノールは、4000種類あると言われるポリフェノール。
レンコンには、緑茶や赤ワインに匹敵する量(総量)のポリフェノールが含まれており、
「抗アレルギー性」のある種類を含むと言われている。
*食物繊維は、整腸作用があるそうです。

◎アレルギーの改善に必要な摂取量は
1日20~30グラム(レンコンスライス数枚分でした)
・毎日食べて、3か月以上続けるのが望ましい
そこがちょっと努力が要りますが・・・

日本一のれんこんの産地・茨城県のれんこん農家では、
古くから、かぜをひいてのどが痛いときにはれんこんの絞り汁を飲むという習慣があるそうです。
のどの痛み、イガイガが緩和するそうです。
これは、ポリフェノールの抗酸化作用が影響しているのではないかと考えられています。

◎れんこん農家流 絞り汁の摂取方法
・20グラムほどをすりおろし、ふきんで絞る
・ハチミツやシロップを入れてもいいそうです。
そのまま飲んでも、甘みがあり飲みにくくはないそう。

*いろいろな食べ方を紹介していました。
レンコンシャキシャキサラダや
レンコンのホクホク肉詰め
レンコンもちもちハンバーグなど。
他にも、視聴者からのファックスで
お好み焼きに入れたり
ホットケーキに入れたり
すりおろしたレンコンを甘酒とまぜたり
縦切りにしたレンコンを油でいためて塩コショウで食べたり
つみれなどにも入れたり、
など紹介されていました。

*保存方法は
レンコンは乾燥が大敵なので
1節まるごと・・・ぬれた紙タオルや新聞紙で包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫へ。
2~3週間もつ。
節の真ん中で切ったもの・・・切り口にラップを密着させ、全体をラップで包んで冷蔵庫へ。
4~5日もつ。
冷凍・・・2~5ミリほどの輪切りにし、ゆでてから、密閉できる保存袋に入れて冷凍させる。
生のまま冷凍すると、ぱさぱさになってしまう。
1か月ほどもつ。

作ってみました。「レンコンハンバーグ」
レンコン400gをすりおろし、軽く水気を切ります。
(出た水分も使えます)
玉ねぎのみじん切り1/2個をオリーブオイルでいためたものと
ツナ缶を合わせます。
つなぎには、片栗粉を大さじ2杯ぐらい混ぜます。
フライパンにオリーブオイルをひいて
ハンバーグ型にしたものを蒸し焼きにします。
d0031178_20515497.jpg

[PR]

by kimagurechieko | 2013-10-28 20:53 | 健康料理

液状のりで汚れおとし

d0031178_1854249.jpg

油性マジックインキを使って、手を汚してしまった時・・・

液状のりが有効のようです。

汚れたところに「液状のり」を塗って1分以上置いてから、汚れをこすり落とすといいらしいです。

また、泥汚れなどで汚れた木綿の靴下にも「液状のり」を塗ってから洗濯機で洗濯すると、汚れが落ちるそうです。

(NHKゆうどきネットワーク)より
[PR]

by kimagurechieko | 2013-10-24 18:10 | “〆(^∇゚*)メモメモ♪