<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

肺炎の予防法

肺炎の予防法(カラダのキモチより)

◎肺をすべて使って 「肺の空気を入れ替える」ことが重要

[肺炎を予防する呼吸法]

①まず口をすぼめ、肺の中の空気を出し切る
②ゆっくりと鼻から空気を吸い、吸えなくなったところで3秒数える
③もう一度口をすぼめ息を静かに出し切る

3セットずつ朝晩2回行い肺の病気を防ぎましょう
   空気の悪いところでは行わないこと

この呼吸法で咳き込む方は肺の病気にかかっている可能性がある


そのほかの予防法
 手洗い・うがい  口腔ケア  禁煙  ゆっくり食べる
[PR]

by kimagurechieko | 2011-01-23 22:19 | 健康

キンカンの甘煮

①キンカン300gは、水洗いして、ヘタを竹串などでとり、十文字の切れ目を入れる。

②鍋に①とひたひたの水を入れて、2度、湯でこぼす。

③ホワイトリカー(なければ水)をキンカンにかぶるくらいに入れて、弱火で20分ほど煮る。

④砂糖(今日は生協の花見糖)60gを加えて弱火で20分ほど煮る。

d0031178_22513831.jpg

[PR]

by kimagurechieko | 2011-01-20 22:52 | 野菜 果物

れんこんで花粉症対策

花粉症に対する体質改善には、レンコンが効果があるらしい。
必要なレンコンは1日たった40グラム。
しかし、実はレンコンには、調理法に大きな落とし穴が。
ポリフェノールの専門家 近藤和雄教授(御茶ノ水女子大学)によると、レンコンのポリフェノールは、皮の近くに集中しているので、皮を剥ぐと、多くが失われてしまうといいます。
さらに、ポリフェノールは、水溶性のため、アク抜きをするだけで水に溶け出し、定番の煮物では、かなりの量が煮汁の中に流れてしまうと考えられます。
花粉症体質改善のためには、「皮ごと」それも「アク抜きなし」で食べるのがいいのだそう。
そこで、花粉シーズンの間、毎日飽きずに食べられるレンコン料理を、家庭料理研究家:奥薗壽子さんが考えてくださいました。(TV番組 たけしの家庭の医学より)

*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*
【レンコンギョウザ】4人分
 
①長ネギ1/2本はみじん切りにしてビニール袋へ入れる。
②レンコン200gを丸ごと①へ入れ、麺棒などでたたきつぶす。
③豚ひき肉150gを①②の中に入れ、塩小さじ1/2 しょうゆ大さじ1 ショウガすりおろしひとかけ 片栗粉大さじ1~2 を入れ、よく混ぜ合わせる。
④ギョウザの皮を並べ、ポリ袋の端を切って、皮の上に絞り出す。
⑤片栗粉を敷いた上に、ギョウザの形にして乗せる(羽根つきギョウザになる)
⑥普通に、約10分蒸し焼きにする。

*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*
【レンコンとエビのもっちりあげ】

①レンコン200gを丸ごとすりおろす。
②エビ200gは背ワタを取り、大きめのみじん切り。
③①②を混ぜ塩少々で味付けし、片栗粉大さじ2をからめる。
④ごま油を大さじ2ひいたフライパンで、適当な大きさにした③を両面を6分ほど焼く。
⑤青紫蘇をひいた上に焼き上がった④乗せて、大根おろしとポン酢でいただく。

*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*
【ほっくり焼きレンコン】

①レンコンを縦に棒状に切る。
②オーブントースターのトレーにアルミ箔を敷き①を並べ、オリーブオイルをからめて、オーブントースターで15分焼く。
③仕上げに、粗挽きこしょうをふりかける

*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*
【しゃきしゃき梅じゃこレンコン】

①レンコンは縦に4つぐらいに切ってから横に薄くスライスする。
②ごま油大さじ1でじゃこを炒り、レンコンを加えて、よくほぐす。味付けの梅干し2個の種を取ってからそこへ加えて、酒50ccをふり入れ、ふたをして、約3分蒸し煮する。
③ふたをとり、梅干しをほぐして混ぜ、すりごまを適宜入れ混ぜる。

   おにぎりやお茶漬けにも最適
[PR]

by kimagurechieko | 2011-01-05 21:44 | 健康料理

冷え性対策

冷え性には

 ・温かい飲み物を飲む(せめて常温)
 ・ガムを噛む
    あごの働きが脳に伝わり血流がよくなる
 ・ストレスをためない
    血管が収縮してしまう
 ・運動する
    足のグーパー体操
    足指じゃんけん
 ・爪先立ちトントン
    立って、息を吐きながらかかとをあげる(深層筋を整える)
 ・手の指の間を反対側の指で押す
 ・ホット用のペットボトルに暖かい湯を入れ、底で押す。
   三陰交や足内くるぶしなど
 ・足を温める(座っている時)
   段ボール箱にアルミ箔などを貼り、足を入れる。
[PR]

by kimagurechieko | 2011-01-04 10:51 | 健康