カテゴリ:健康( 8 )

血管をしなやかに

ハーバード大学が30年間、12万人の食生活を調べた研究の結果です。

ピーナッツをよく食べる人ほど、健康で長生きであり、
腎臓病や心臓病、糖尿病で死ぬ確率が2割も減ったそうです。

食べる量は毎日、1日、たった20粒です。
これくらいの量でいいなら、毎日実践できますね。

ただし、カロリーはピーナッツ20粒で150Kcal。
食べすぎないように注意しましょう。

ピーナッツ油には
オレイン酸、パルミチン酸、リノール酸、α-リノレン酸が含まれており、
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸のバランスが最適なんだそうです。

◎ オレイン酸

オレイン酸は不飽和脂肪酸の一つで、悪玉コレステロールを減少させる働きがあるそうです。
悪玉コレステロールが増加すると血管の壁などに付着し、動脈硬化のリスクが高まります。

また、オレイン酸は肌の皮脂に最も含まれる成分なんだそうです。
皮膚を柔らかくする効果があり、美肌にも期待ができます。

オレイン酸はピーナッツ油の他、ひまわり油やオリーブ油に多く含まれています

 ◎パルミチン酸

パルミチン酸は飽和脂肪酸に分類されます。
飽和脂肪酸は摂取しすぎると、中性脂肪や悪玉コレステロールの増加の原因になりますが、
全く避けるのは低栄養などの問題になります。

パルミチン酸は 血管をつくる働きがあります。
また、抗酸化作用があり、動脈硬化や生活習慣病の予防、アンチエイジングに欠かせないものです。

ピーナッツ油の他、パーム油やラード、牛脂に多く含まれます

◎ リノール酸

体内で作ることができない必須脂肪酸の一つで、血管を強くする働きがあるそうです。
悪玉コレステロールをや中性脂肪を減らし、動脈硬化のリスクを下げます。

ただし、リノール酸は取りすぎると善玉コレステロールも減らしてしまうそうで、
現代の食生活では過剰摂取傾向にあるのだとか。

リノール酸はひまわり油、コーン油などに多く含まれています

 ◎α-リノレン酸

α-リノレン酸も必須脂肪酸の一つで、血管を強くする働きがあります。
血中の中性脂肪を下げ、血栓を防止し、高血圧を予防します。

また、老化やアレルギー症状の抑制にも効果があるとされ、
ハーバード大学の研究ではうつにも効果があるということです。

α-リノレン酸を多く含むものにエゴマやくるみ、なたね油などがあります


※ピーナッツはタンパク質を多く含みます。
腎臓病の方は医師とご相談ください。ピーナッツアレルギーの方は食べないでください。


[PR]

by kimagurechieko | 2017-11-14 14:20 | 健康

動脈硬化対策

コレステロール値も、中性脂肪も、血糖値も、尿酸値も範囲内だし
血圧も高くない私ですが、動脈硬化が見られると言われているのです。
ただ、運動不足でちょっとぽっちゃりなことは否めない(^ ^;)
動脈硬化、調べてみました。

動脈硬化になりやすい人とは

*動脈硬化は生活習慣や生活習慣病と大きくかかわっています。
以下のような生活を送っている人は、通常よりも動脈硬化になるリスクは高くなるので注意してください。
・40歳以上の人
・日常的にまったく運動をしていない人
・数年間と比較すると10キロ以上体重が増えた人
・味の濃い料理や脂っこい料理を好む人
・コンビニエンスのお弁当やファストフードばかり食べている人
・毎日、適切な量以上の喫煙・飲酒をしている人
・日々のストレスが蓄積している人(ストレスは細胞を傷つける活性酸素を大量発生する)

“当たらずと雖(いえど)も遠からず”です(^ ^;) 運動・体重が鬼門です(^ ^;)

動脈硬化を食べ物で改善

動脈硬化の治療法として「食事療法」は必ず用いられます。
動脈硬化の発生には血液の状態が影響するのです
血液中のコレステロール・ブドウ糖・尿酸などが増えないように食事を改善しましょう。
以下のようなことに気をつけてください。
•コレステロールや脂肪が多い食事は控える
•糖分はとり過ぎないように気をつける。(甘いお菓子などだけではなく、砂糖の入っている飲料にも注意)
•高カロリーな食事を控える
•塩分を制限する
•ビタミンやミネラル(野菜や海藻類)を積極的に食べる
•おなかいっぱいまで食べず「腹八分目」を心がける


運動で改善

動脈硬化の治療法として、食事療法に併せて「運動療法」も用いられます。
基本的には気軽に始められるウォーキングやジョギング、サイクリングなどがおすすめです。
しかしながら、患者さんの年齢や体力、合併症などの状態によって「1日に、どのような運動をどれくらいすればよいか」は異なります。医師のアドバイスに従ってください。

特に、閉塞性動脈硬化症の人は「歩く」ことが中心になります。閉塞性動脈硬化症の改善のためには、最低でも1日30分週3回が必要といわれていますが、患者さんの状態によっても異なるのです。医師に適切な量を相談してください。


動脈硬化を食事で予防

一番気をつけたいのは食事です。
動脈硬化を予防する食事法は動脈硬化を食べ物で改善」と同じになります。
また、「動脈硬化の予防効果が期待できる」とされている、以下のような食品を積極的に食べるようにしましょう。
•大豆製品:大豆や大豆製品には、コレステロールを下げるレシチンやイソフラボン、血管を修復する作用がある良質のたんぱく質がたっぷり含まれています。
特に、納豆は血栓の予防効果も持つスーパー食材なので毎日食べましょう
•ごま:ごまに豊富に含まれるセサミンは、脂肪の酸化や、血管のさび付きを招く活性酸素を除去します
•玉ねぎ:コレステロールや中性脂肪を下げ、血液をサラサラに保ち高血圧や血栓を予防します
•にんにく:コレステロール値を下げ、血管を広げ血圧を下げる作用を持っています
•青魚:さば・あじ・いわしなどの青魚は、コレステロールや中性脂肪を下げるDHAやEPAをたくさん含んでいます
•トマト:トマトには活性酸素を除去するベータカロテインをたくさん含んでいます。
また、血管壁を丈夫にするビタミンC・E・Pも含むので動脈硬化予防には最適です


動脈硬化を運動で予防

動脈硬化や生活習慣病を予防するには、日々の運動が大切です。
激しい運動よりも、ウォーキング・ジョギング・サイクリング・水泳など全身を使う有酸素運動が効果があります。

運動をしたりジムに通ったりする時間がないという人は
•通勤のときにはひと駅分歩く
•電車やバスの中では座らないで立つ
•会社内では階段を使う
•ランチ後は10~15分ほど散歩をする



[PR]

by kimagurechieko | 2017-08-04 16:08 | 健康

硫化アリル

                      長ネギのことを調べてみました。

ネギ特有の強い香りの成分は硫化アリルと言う成分によるもので、
ビタミンB1の吸収を助ける他、血行をよくし、
疲労物質である乳酸を分解する作用などがあると
言われており、
肩こりや疲労回復にも効果が期待できます。
更に消化液の分泌を促す働きもあります


この硫化アリル刻むことによって沢山作られ
時間と共に消えてしまうので、食べる直前に調理することが大切です
昔から風邪をひいたときには焼いた白ネギをのどに当てたり、ネギを食べるといいといわれていますよね。
これは、あの刺激臭や辛味の成分でもある「硫化アリル」の効果で、
強力な殺菌作用と鎮静効果があります。
非常に揮発性が高いので、のどに当てるだけでも効くというわけです。
(旬の食材百科より)

また、
長ネギはこんな方にお勧めだそうですよ。
・疲れやすい、疲れが抜けない
・血液をサラサラに保ちたい
・血行不良、冷え性
・生活習慣病を予防したい
・ストレスが多い・不眠気味
・物事に集中できないと感じる
・イライラしやすい
・風邪予防・回復促進
・鼻水・痰・鼻づまりに
・代謝を高めたい方に
・便秘やむくみが気になる方

ぜひ、食事にとり入れましょうd(^-^)


[PR]

by kimagurechieko | 2017-07-07 15:48 | 健康

ゆずの効用

ゆずの「白いワタ」は
レモンの1.5倍というゆずのビタミンCをムダにすることがないうえに、
ゆずの「白いワタ」を使うことで、ビタミンCを長もちさせる効果があるのです。
白いワタには、果肉や黄色い皮と比べて「ヘスペリジン」という成分が多く含まれています。
ビタミンCが体内に吸収されると、動脈硬化やがんの原因となる活性酸素を取り除く働きをします。
でも、働いているうちに酸化してしまい、分解されてしまいます。
しかし、ヘスペリジンと一緒にビタミンCを摂取すると、ビタミンCが酸化しても、
ヘスペリジンが元に戻してくれるのです


ゆずドレッシングの作り方

材料
・ゆず・・・1コ
・ゆず果汁・・・25ミリリットル
・オリーブ油・・・100ミリリットル
・塩、こしょう・・・適量


作り方
1.ゆずは黄色い皮をむく。皮をむいたゆずは種を取って、さっくりと切る。
2.ミキサーに(1)を入れて、好みでゆず果汁を加えたら、粘りが出るまでかくはんする。
3.(2)をボウルにあけ、塩、こしょう、オリーブ油を加えてよく混ぜる。
4.最後にすりおろした黄色い皮を加える。
[PR]

by kimagurechieko | 2015-02-01 20:17 | 健康

米麹の効用 ノンアルコール

〈甘酒の効用〉米麹菌でノンアルコール

・腸内環境を整えて、免疫力アップにつながる
・皮膚や粘膜を保護してくれるビタミンB2が多く含まれていますので、
飲むだけで、皮膚を活性化してくれる効果が期待できます
・このコウジ酸は、シミの原因となる過剰なメラニン生成を抑えて
シミやくすみを防いでくれる効果があります
・コウジ酸は頭皮を若返らせ、美しい髪を作ると言われています
飲む点滴と言われて、多く含まれるブドウ糖が回復力アップを助ける
・酵素の働きで、料理に「旨味」が増す

飲むときに、しょうがのしぼり汁を入れてもいいようです。
一度にたくさん飲むより、毎日少しずつ続けるほうが効果があるようです。
[PR]

by kimagurechieko | 2013-12-24 22:51 | 健康

インフルエンザ対策

インフルエンザ対策のテレビ番組で覚えやすいABCDというのをやっていました。

A cup of tea
インフルエンザウイルスにはカテキンが効果的と言いますよね~。
カテキンの多い緑茶やウーロン茶、紅茶を飲むことがいいそうです。
Brushing
朝の歯磨きで夜に繁殖したウィルスを洗い流すのがいいそう。
口の中が汚れて細菌が繁殖すると、インフルエンザウイルスにとって格好の環境となるので
毎日の歯磨きをしっかりおこなうことで、インフルエンザの発症も抑えられるとされています。
ただし、起きてからすぐということで、食後の歯磨きはインフルエンザ対策では効果ないらしい。
Cocoa
ポリフェノールなどによる抗インフルエンザウィルス効果が認められているそうです。
コーヒーではダメだそう。
ビタミンD
免疫細胞を活性化する働きが認められているそうです。
ビタミンDには代表的な食べ物として干ししいたけやきくらげ、いくらなどがあります。
お日様に当たるのもいいのかな?
*緑茶やウーロン茶、紅茶、ココアなどを飲み、陽の光を浴び、歯磨きをするd(^-^)
[PR]

by kimagurechieko | 2013-01-09 22:28 | 健康

肺炎の予防法

肺炎の予防法(カラダのキモチより)

◎肺をすべて使って 「肺の空気を入れ替える」ことが重要

[肺炎を予防する呼吸法]

①まず口をすぼめ、肺の中の空気を出し切る
②ゆっくりと鼻から空気を吸い、吸えなくなったところで3秒数える
③もう一度口をすぼめ息を静かに出し切る

3セットずつ朝晩2回行い肺の病気を防ぎましょう
   空気の悪いところでは行わないこと

この呼吸法で咳き込む方は肺の病気にかかっている可能性がある


そのほかの予防法
 手洗い・うがい  口腔ケア  禁煙  ゆっくり食べる
[PR]

by kimagurechieko | 2011-01-23 22:19 | 健康

冷え性対策

冷え性には

 ・温かい飲み物を飲む(せめて常温)
 ・ガムを噛む
    あごの働きが脳に伝わり血流がよくなる
 ・ストレスをためない
    血管が収縮してしまう
 ・運動する
    足のグーパー体操
    足指じゃんけん
 ・爪先立ちトントン
    立って、息を吐きながらかかとをあげる(深層筋を整える)
 ・手の指の間を反対側の指で押す
 ・ホット用のペットボトルに暖かい湯を入れ、底で押す。
   三陰交や足内くるぶしなど
 ・足を温める(座っている時)
   段ボール箱にアルミ箔などを貼り、足を入れる。
[PR]

by kimagurechieko | 2011-01-04 10:51 | 健康