シンピジュウム

お友達のシンピジュウムを撮らせていただきました。
お花が大好きなお友達。
一時はシンピジュウムに狂っていましたが
今は薔薇に心変わり(*^m^*) ムフッ
少なくなった鉢数ですがよく咲いていました。

ここで、シンピジュウムについてちょっと。

[ラン科]   原産地=ビルマ、タイ、インド、オーストラリアなどの高地

*育て方*
家庭園芸のランの中で最も親しまれ、温室無しで冬越しも簡単。1月~4月中旬までが開花期。4月~12月までが生育期と考えます。真夏は半日日陰ですが、全体的には日当たりを好みます。

*肥料*
3月中旬~10月下旬までは、1~2週間に1回の液肥と1ヶ月に一度の置肥を施します。

*水遣り*
初夏から毎日1~2回たっぷり、夏は朝、夕2回毎日水やりします。その他は、乾いたらたっぷり。(霧吹きを)

*植え替え*
購入した1年は不要。開花期は長いが、花の2~3輪がしおれてきたら、生え際から切り取り、花瓶に入れて観賞します。
そして、3月中旬~4月中旬に植え替えと株分けをします。(2~3年に一度)

*土*
『シンピジュウムの土』又は、『洋ランの土』を利用すると良い。

*冬のケアー*
初冬から初春までは、成長休止期間です。肥料は一切与えないようにして、ガラス越しの日光が半日ぐらいは当たるところに置きます。夜間でも6~7℃を保てるところが良く、暖房の強い部屋に置くと1~2月に新芽が出てしまい株も弱り、充実した新芽にもなりません。

<注意>
★春に出る芽は一株につき一本とし、あとは芽かきでとってしまいます。
★冬の間は、植え替え株分けは一切行ないません。
★鉢皿に溜まった水は捨てます。
★冬に咲くすべての洋ランに共通する事ですが、お礼肥は与えません。
★冬の間は少し低温気味の所に置いて新芽の成長を抑え、晩春頃からの戸外栽培の折りに、程よい日光に当てるのが成功の道になります。

こんなに綺麗に咲いてます(*^。^*)

d0031178_13554567.jpg

d0031178_1356510.jpg

d0031178_13562275.jpg

d0031178_13564394.jpg

[PR]

by kimagurechieko | 2005-05-12 14:02 |